--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-10-28(Sun)

009RE:C

見に行って来ました。

映画見に行くだけで一万円とびました、はい。

ではさっそく感想(ネタバレ含みますのでご注意)
最後だけ「?」だったけど全体的には面白かった。
たしか今回の009の監督攻殻機動隊作ってるんだったよね。何故か、笑男を思い出した(笑)
多分見てると、「あーあの監督らしい」と思う部分がある。ストーリー的にね!
問いかけに対する答えが明確でなかったり、「これ」という答えを用意せずに視聴者側に考えさせたり。

今私ちょうど平成版009を十話まで見てるんだけど、やっぱりこの作品を子供向けと言うには少し内容が暗い気がする。もちろん、私はそういうのが大好きだが(明るい展開より暗い展開の方が好き。根暗じゃないよ)。

今回の009ではキャラデザが一新されてるんだけど、「な、なんじゃこりゃ!!」となったキャラはジェット。真っ裸ジェット機能フル回転の時の姿がかっこよすぎて思わず顔をふせてしまった。
あと、個人的にグレートブリテンがよかった。ピュンマはただの人。可哀想なピュンマ…

冒頭のジョーが怖い。目が死んでるし自爆テロ企ててるし、こえぇよ。部屋の中の「母さん」も、彼女である「トモエ」もジョーが作り出した幻想。だからフランソワーズ視点ではジョーの姿だけが映っていたんだね。完全に狂いかけてる。だからこそ「彼の声」が聞こえたのかも。とか考えたり
ただ、トモエは最初の三年間は本当にいたんじゃないかって思う。そしてジョーの心の中に残っていたトモエの存在は核爆弾自爆テロ後の意気消沈して戦意を喪失しかけていたジョーの支えとなった。

まだ十話までしか見てないけど、原作には天使編てあるんだっけ?今回の009にも天使が出てきたけど、関連性はあるのかな?

ロリが出てきた。あの子の正体は…?ジェットがその女の子を見た瞬間から暴走して、そのを「彼の声」とするような発言をしてたけど、ということはつまりあの子は天使ってことでいいのか?それとも人の心の中に在る神?謎が残るばかりだな。

そして最後のシーン。皆が波紋法によって水の上を歩いてたのでもうわけがわからない。セーフハウスってフランソワーズは言ってるけど、その場所こそ幻想やはたまた天国なんじゃないのか?と思ってしまう。本当にジョーは帰還したのか?本当にジェットは助かっているのか?
結局「彼の声」が原因で引き起こされる自爆テロはどうなったの…

打ち上げられた爆弾を破壊しに一人で行ったジョーをジェットが支援するシーンは最高に熱かった。確執はあったけどやっぱり彼らは00ナンバーの同じ仲間なのです。

正義のぶつかり合い、何が正義とか何のために戦うとか、そういう解決のしようのない問題をテーマにしてるように感じる。


誰が為に戦うのか




はじめにこえありき ことばはかれなりき



ふざけた感想

フランソワーズが「めちゃめちゃにして」って言ったせいでジェロニモがジョーにアッー!されるイメージしか出てこなかった

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

あす.F

Author:あす.F

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。